花粉症が遺伝するのかしないかというと、かなりの確立で遺伝します。
しかしそれを回避する方法はありますので、これから生まれてくる子供に辛い思いをさせたくない親御さんは必見です。

また、既に出産を終えられた方でも離乳食へと進んでいないのなら、まだ間に合います。

花粉症が発症するメカニズム及び、母親と新生児の腸内菌を比較した実験結果から、これらの事を説明致します。

花粉症が発症するのは腸内のビフィズス菌不足が原因

子供に遺伝させないために、まずは花粉症になる原因について知る必要があります。
種々の原因がありますが、一番はビフィズス菌が不足しているのです。

そもそも花粉さえ飛ばなければ目のかゆみ・鼻づまり・鼻水といった症状は出ないのですが、こんなに杉が乱立されている昨今でも花粉症とは無縁の人がかなりの割合でいます。
そのような人達に共通する事は、腸内のビフィズス菌が多いという身体的特徴があるのです。

花粉症というのは、異物に対してアレルギー反応を起こすTh2細胞が過剰に活性化されている状態で発生します。
アレルギーが進みすぎないように抑制するTh1細胞とのバランスが取れている次の図のような状態では、アレルギー反応の一種である花粉症は起こりません。
Th1細胞とTh2細胞のバランス崩壊が花粉症の原因

ではなぜTh2が過剰発生してしまうかというと、その原因のひとつが肉類等の動物性たんぱく質や脂質といった異種たんぱく質なのです。
これらはあくまで「異種」ですので、十分に消化されないまま腸に届くと、腸内の悪玉菌が増加して腐敗物質を産生し腸壁を傷付けてしまい、Th2細胞が過剰活動し花粉症の症状となって鼻や目に現れるのです。

ではどうすれば腸内の悪玉菌の割合を減らし善玉菌を増やせるかというと、生きたまま腸に届く種類のビフィズス菌を摂取するのが一番の方法です。
これが花粉症にヨーグルトが効くと言われるゆえんなのです。

これらの事から、花粉症にならない人は元々腸内のビフィズス菌の割合が多いという事が言えるのです。

なので生まれてくる子供の腸内のビフィズス菌が多い体質となるように出産する事が、花粉症を遺伝させないために必要なのです。

腸内菌網(ちょうないきんそう)は遺伝する

腸内にビフィズス菌が多くいる体質に生む事が、花粉症を遺伝させないために必要な要素という事は分かりました。
その具体的な方法を説明致します。

一言でいうと、生まれ落ちたときに最初に触れる微生物が、その人の一生の腸内環境を決めてしまうのです。

それを証明する実験を、腸内細菌の権威であられる辨野義己(べんのよしみ)氏が2002年に行いました。

フィンランドから氏のもとに、90組もの母親と生後3ヶ月の乳児の大便が送られてきました。
それをもとに、母と子の腸内菌叢(ちょうないきんそう)がどうなっているのかを調査したのです。
腸内菌叢は腸内細菌叢とも言われ、腸内に生息している細菌の事を示します。

結果、75%もの母子が共通のビフィズス菌の菌種を持っていたのです。
ビフィズス菌はヒトの腸内からは約10種類も発見されているのに、母子で75%もの高い確率で共通の菌種を持っているのでした。

その内、共通の菌が1種類の母子が70%、2種類が20%、3種類も同じなのが10%いたのです。

共通のビフィズス菌 割合
持っている 75% 1種類
70%
2種類
20%
3種類
10%
持っていない 25%

母親の胎内にいる胎児の腸内は無菌なのですが、分娩時に産道や外界からの細菌の影響を受け、まもなく腸内菌叢が形成されます。
産道を通る時に母親の腸内細菌の影響を受ける可能性が高いという事が、このフィンランドの母子の件で初めて明るみとなったのです。

つまり子供が産道を通る時だけでもいいから、母親の腸内にビフィズス菌が大量に存在する体質にしておく事が、子供に花粉症を遺伝させないために必要な事なのです。

お父さんの花粉症体質が子供に遺伝する確立よりも、お母さんのそれが遺伝する確立が高いというデータがありますが、それも納得できるのです。

ビフィズス菌が多い腸内にするのは簡単

ビフィズス菌の割合が多い腸内状態にするのは、とても簡単です。
それはヨーグルトを毎日摂取する事です。

ヨーグルトの種類にも色々ありますが、おすすめなのは

  • 生きたまま腸に届く
  • 腸内常在菌の乱れを改善する効果と花粉症に対する効果が高いビフィズス菌「ロングム菌BB536」が入っている

といったところです。
そして摂取量の理想は1日に300gです。最低でも200gは取る必要があります。
1度に200g以上取るのではなく、毎食後に取るようにして、1日の合計が200g以上となるようにするのもポイントです。

詳しくは
花粉症に圧倒的に効くヨーグルトの種類はBB536だった
にて紹介してあります。

腸内のビフィズス菌が増えれば、その効果は一目瞭然です。
年を取るほど腸内のビフィズス菌の割合が減少する上に、ウエルシュ菌や大腸菌や腸球菌といった悪玉菌が増え便臭が臭くなるのですが、ビフィズス菌が増えればあまりニオイがしなくなるのです。

そしてお通じの色が、おうど色どころか黄色に近くなるのです。
悪玉菌の増加のため、焦げ茶色が当たり前になっている中高年の方は、その明るい色にびっくりするはずです。

その効果はヨーグルトを食べだしてから1週間もすれば現れてくるので、効果が出ないといって途中で放棄する事はないはずです。

離乳食への移行を遅らせる

そしてさらに出産後にも、アレルギー体質を作らないようにする方法があります。

それはあまり早く離乳食へ移行しない事です。

基本的に摂取する食べ物というのは、人間からしてみれば「非自己」な異物なのです。
まだ消化器官が未発達だったり消化液の分泌が少なかったりする乳幼児に、離乳食という異物を与えてしまい未消化のまま生体内に吸収されてしまったとしましょう。

その吸収された異物がアレルギー抗体を作るに十分な分量だった場合は、その食物に対する抗体ができてしまうのです。
離乳食を与えた乳幼児に蕁麻疹の症状が現れるというのがまさにそれで、食物アレルギーが発症しているわけです。

このように、早い離乳食はアレルギー体質を作る可能性があるので、できるだけ離乳食を遅らせるのも花粉症体質にならないためには必要だという意見があるのも理解できるのです。

私たちが子供の頃よりもはるかの多くの花粉が飛んでいる今日の日本ですので、できるだけの事を行い、この忌まわしき花粉症を自分の代で終わらせましょう。
今回紹介した事は何も10年も20年も続けなければならないわけではなく、出産前からほんの2年程だけ頑張れば大丈夫ですので。