タレント・狩野英孝(かのえいこう) が、17歳の地下アイドルMを彼女にしていた事が、1月20日発売の「フライデー2017年2月3日号」で報じられました。

狩野といえば、昨年2016年1月に加藤紗里(かとうさり)、川本真琴(かわもとまこと)との三角関係が報じられ、ドロ沼と化した6股疑惑もあった男ですが、相変わらずお盛んな様子です。

気になる地下アイドルとの馴れ初めが、Friday記事全文より判明したので、紹介します。

現役女子高生の地下アイドルMとの馴れ初め

地下アイドルMとは、17歳で千葉県にある通信制高校に通う女子高生です。
昨年2016年末までアイドルとて活動し、現在は高校2年との事。

地下アイドルといっても、その活動の規模はピンキリですが、Mさんは一部のファンの前だけで小規模のイベントを開催する程度でした。

大の狩野英孝ファンだったMは、狩野のライブに何度も通いツイッターのフォロワーでもあったのです。

狩野はライブに通ってくれるMさんの事が気に入ったのか、昨年2016年5月にツイッターで
「いつも応援してくれてありがとう」
とDM(ダイレクトメッセージ)を送信したのです。

ツイッターのDMは、他者に分からないように連絡をする事ができるのです。
この時点ではMさんは高校2年の5月なので、おそらく16歳だったのではないでしょうか。

狩野英孝のアプローチ方法

昨年の6股騒動で明らかになったのですが、狩野英孝は気に入った女性に手当たりしだいにLINEを送って口説くという手法を使うのです。
今回のMさんも同様の手口だったという事です。

最初は狩野が後輩と食事をしている時に呼び出して、一緒に楽しむというだけの関係でしたが、7月になり狩野が
「会いたい。タクシー代は出すから。」
と連絡があり、Mさんはその通り狩野の自宅へと行き、関係は急接近となったのです。

そして11月には半同棲状態になったのでした。

地下アイドルMのマーキング

意中のオスを自分の物とアピールするためにメスがする行為に、オスに対するマーキングというものがあります。
大好きだった狩野英孝と良い関係になったMさんもご多分に漏れず、そのような行為をしていたのです。

Mさんは狩野との連絡用に使用していたツイッターアカウント以外にも「裏垢」を持っていて、そちらは非公開で指定した友人のみが閲覧できる「鍵垢」なのです。

裏アカウントには、Mさんが狩野の家に出入りしているという証拠といえる画像が多数アップされていました。

とある男性と顔を近づけ、明らかに親密な関係だと分かる写真が多数アップされているのです。
男性の顔には加工が施されているのですが、狩野と言われれば狩野にしか見えないのです。

そしてかつて加藤紗里が狩野の自宅内で撮った写真をアップしていたのですが、それと同じアングルでMさんも写真をとりアップロードしていたのです。
その写真から、狩野の自宅へ上がったという事は紛れもない事実なのです。

フライデーへのこれらのリークは全て、狩野の女グセの悪さをゆえにMさんの身を心配した知人A氏(性別不明)によるものだったのです。

22歳と言われていた

世間は「未成年相手に」とバッシングするかもしれませんが、未成年でも18歳以上なら何も問題はありません。
ただ、今回は17歳という事で、もしかしたら淫行条例に引っかかる可能性があります。

今年1月15日のフライデーの直撃インタビューに対し狩野英孝は、

アイドルだと言っていたし、同じ芸能関係の人かと。
彼女は出会った時から22歳と言っていました。

おかしいと思い始めて11月中旬に問い詰めたら
「ごめんなさい17歳です。」
と言われました。

年齢を知ってからは2人では会わないようにしていますが、ライブには招待しています。

と答えました。

このように裏アカウントに投稿された画像から、今回の事が発覚したわけです。
色好きな芸能人は昔は好き放題できたわけですが、現代の世の中では非常にやりづらい事でしょう。

この地下アイドルMは、飛沫真鈴(しぶきまりん)という事が判明し、アイドルグループ「赤血球」の一員です。
画像や動画は、赤血球の公式ツイッターで見る事ができます。
飛沫真鈴のTwitter魚拓を探さずとも赤血球公式ツイッターで見る事ができる
も是非ご覧くださいませ。