花粉症といえば、鼻水が止まらなかったり鼻がつまったりと、主に鼻に対する症状が出る事が広く知られています。
しかし重度になると、目にも症状が出だすのです。

具体的な症状としては

  • 目がしょぼしょぼする。
  • 目のかゆみがひどい
  • 目が充血する
  • 目やにが出る

といったものが挙げられます。

花粉所の時期に症状が出るという事は通常の目のかゆみと違い、原因は花粉によるアレルギー性結膜炎です。

鼻に関しては適当な市販薬を飲めばシーズンをしのぐ事ができますが、よりデリケートな目になると心配の度合いがより強くなります。
しかし事前に病院で対策をする事が可能なのです。

結膜とは瞼の裏側

アレルギー性結膜炎とはその名の通り、結膜に炎症が出来ているのです。
結膜とは上と下両方のまぶたの裏側の部位の事で、白目と接している粘膜です。

結膜

医者の方が指で

  • 上瞼を上に引き上げて裏側を見る
  • 下瞼を下に引き下げて裏側を見る

という行為をしているのを見た事があると思いますが、まさに結膜の状態を見ているのです。

これは私達自身でもできる事ですので、普段の結膜の感じ(色等)をチェックしておけば、正常状態を把握する事ができるのです。

花粉所の時期のみ発生する場合は、正確には季節性アレルギー性結膜炎といい、花粉の飛散が多大な日本においては全人口の15~20%もがかかっているとされています。

よく花粉症による目のかゆみの症状に対し
「目を取り出して洗いたい」
という人がいますが、まぶたの裏側という部位の症状ゆえに、そのような表現をするのでしょう。

アレルギー性結膜炎の原因

花粉という異物に対し、免疫細胞Th2が過剰に反応して結膜までもが炎症を起こしてしまうのが、アレルギー性結膜炎の原因です。

自然界に当たり前に存在する花粉という異性たんぱく質に対し、人体は異物と認識しないようにTh1細胞が機能しているのですが、Th2過多な状態となると鼻や目にまで免疫反応が働いてしまうのです。

詳しくは当記事
花粉症対策・予防に森永ビヒダスヨーグルトがおすすめな理由!
をご覧ください。

春先の杉花粉から始まり、春真っ盛りの時期にはひのき花粉が大量に飛び交います。
それらが終わってもカモガヤやブタクサといった花粉が若干ながら飛散し、1年を通して花粉は大気中に舞っているのです。

加えてコンタクトレンズをしている人は、コンタクトレンズ自体に汚れや花粉が付着し、それらも原因となるのです。

目のかゆみへの事前対策法

花粉が飛散し始め、目のかゆみ等の症状が出た場合は眼科へ行く事で処方してもらえます。
どの病院へ行っても、抗アレルギー点眼薬という目薬をさす事を指示されるでしょう。

抗アレルギー点眼薬は比較的副作用が少ない薬ですので、まずはこれで様子を見ようという事です。

もし効かない場合は、より効果の強いステロイド点眼薬を使用する事になります。
ただしステロイドは確かに強い効果があるのですが、眼圧が上がってしまうという副作用があります。

また、ステロイドは継続して使用すると段々と効きが悪くなり、より強い物へと移行しなければならないケースが多々あるので、できれば避けたいところです。
いずれにしても、医師の指示通りに使用し、途中で自分の判断でやめたりしないようにする事が大切です。

また、アレルギー性結膜炎の症状が出てから病院へ行った場合は、わずか数日とはいえ目のかゆみといった辛い思いをしなければなりません。
そのような場合は事前に眼科で点眼薬を処方してもらう事による対処法がおすすめです。

毎年目がかゆくなる時期はほぼ決まっているので、その手前1~2週間のタイミングで病院へ行くのです。

そして何より症状が発症したり悪化してから対処するよりも、その手前の段階で手を打った方が症状が軽くなるというのは、どのような病気に関しても有効な対策です。
花粉症とて例外ではないのです。

目の症状への根本的な対策はゴーグル

とはいえ、根本的にはアレルゲンとなる花粉を目に入れない事が一番です。
少し恥ずかしいかもしれませんが、外出時にはゴーグルをかける事も有効です。

花粉症から目を守るゴーグル

自転車に乗っている場合は徒歩よりも移動距離が多くなるので、より花粉の目への進入量が多くなってしまいます。
是非ゴーグルで目を保護したいところです。

ホームセンターで200円程度の安価で販売しています。
100円ショップで売っているのを見かけた記憶もあります。