2017年の花粉の飛散予測が各種予報サイトから判明しました。

毎年この時期になると
「花粉はいつから飛び始めるのか?」
という事が頭をよぎるようになるのは、花粉症患者ならではの悲しい性でしょう。

予想では今年2017年は、比較的飛散の少なかった昨年2016年に比べると多いという事が、1月現在予想されています。

2017年の杉花粉飛散開始時期

花粉飛散時期は概ね、下記表のようになります。
同一都道府県内でも時期にズレはあるのですが、それについてはご了承くださいませ。

飛散開始時期 該当都道府県
2月上旬頃 静岡県
香川県
徳島県
愛媛県
高知県
山口県
福岡県
佐賀県
長崎県
大分県
熊本県
2月中旬頃 茨城県
千葉県
埼玉県
東京都
神奈川県
山梨県
愛知県
三重県
奈良県
和歌山県
兵庫県
鳥取県
岡山県
島根県
広島県
宮崎県
鹿児島県
2月下旬頃 栃木県
岐阜県
石川県
福井県
滋賀県
京都府
大阪府
3月上旬頃 岩手県
宮城県
山形県
福島県
新潟県
群馬県
長野県
富山県
3月中旬頃 秋田県
3月下旬頃 青森県
4月上旬頃 北海道

沖縄県は花粉が飛ばない事で有名ですので、このリストには入っていないのです。 

なお、敏感な方はほんの少しでも飛散が始まる1月中旬頃には、くしゃみや鼻水といった症状が出る事でしょう。

 2017年は2016年よりも多くの花粉が飛ぶ

花粉症の症状の度合いは、飛散する花粉の量によって大きく異なります。
かなり重度の方でも、飛散量が少なかった2004年や2010年は特に楽だった記憶があるでしょう。

そして昨年2016年も比較的飛散量が少なかったのです。

では花粉が飛ぶ量は、一体何に左右されるのでしょうか。

飛散量が少なかった2004年と2010年に共通する事は、前年の夏が比較的冷夏だったという事です。

夏の時期に夏日や猛暑日が続くと、気温が高く日照時間も長くなります。
そのような条件だと、著しく花芽(はなめ)が成長するのです。

花芽とは後に花となり実となるものの事で、花粉を形成する元なのです。
なので猛暑の夏の翌年は花粉が大飛散するのです。

2004年は記録的な猛暑だったのですが、翌年2005年はこれからも破られる事のないくらいの記録的な大飛散となったのです。

では気になる2016年夏はどうだったかというと、西日本を中心に晴れが続き、関東より北の地域は雨や曇りが多かった記憶があります。

このような条件だったので、北日本では昨年2016年よりもさらに少なく、西日本では昨年よりはるかに多く、例年並みかそれより少し多い飛散量が予測されています。

地域 2016年比
北海道 50%
東北地方 50%
関東甲信越地方 70%
北陸地方 140%
東海地方 160%
近畿地方 360%
中国地方 170%
四国地方 260%
九州地方 270%

 東日本・北日本の少なさと西日本の酷さが際立っているのです。

早めの対策におすすめなのはヨーグルト

花粉がいつから飛散するかという時期については分かったのですが、それだでは何も変わりません。
具体的な対策が必要となります。

おすすめなのは、ヨーグルトです。
ただしどのヨーグルトでもいいわけではありません。

花粉症に効果的な成分が入っているヨーグルトと、そうでないものがあるのです。

花粉症に圧倒的に効くヨーグルトの種類はBB536だった
も合わせてご覧くださいませ。