花粉症対策及び予防にヨーグルトを毎日摂取する事が非常に効果的なのは昨今よく知られるようになり、多くの人が実践するようになりました。

それでもヨーグルトを摂取をしている人の中には、あまり効果がない人も何割か見受けられます。
その理由は
花粉症に圧倒的に効くヨーグルトの種類はBB536だった
で紹介したように、ヨーグルトの種類に問題があった可能性が大なのです。

おすすめはやはりロングム菌BB536が入った「森永ビヒダスヨーグルトBB536」であり、その理由をより深く掘り下げていきます。

花粉症の発症メカニズムは免疫細胞TH2の過剰活性化

ヒトの免疫細胞である「T細胞」には

  • 異物に対してアレルギー反応を起こす「Th2細胞」
  • Th2細胞が過剰にアレルギー反応を起こさないように見張り・監視を行う「Th1細胞」

の2種類があります。

下図のようにバランスが取れているのが正常な状態でして、この状態だとアレルギー反応の一種である花粉症の症状は起きない事になります。

アレルギーが進みすぎないように制御
異物に対してアレルギー反応
TH1
TH2

花粉症や アトピー性皮膚炎といったアレルギーの症状が出やすい人は、Th2細胞が活性化して数が多い事が確認されています。

鼻や口から体内に入った花粉は異物のタンパク質なので、Th2細胞がアレルギー反応を起こします。
上図のように、Th1とTh2のバランスがよければ過剰反応が起こらずに花粉症の症状は出ないのですが、Th2細胞が多いと花粉症の症状が現れるのです。

これが花粉症が発症するメカニズムなのです。
では次にTh2細胞が多い人の原因について述べます。

花粉症にビフィズス菌が有効な理由

Th2細胞活性化の原因のひとつとしては、腸の中にビフィズス菌が少ない状態で、肉類といった異種タンパク質を摂取してしまう事が考えられます。

肉類等が十分に消化されないまま腸に届くと、腸内の悪玉菌が増加して腐敗物質を発生させ、腸壁を傷つけます。

すると腸内でTh2細胞が増加してしまうのです。
Th2細胞には、体のどこかで活性化すると全身に伝達するという特性がありますので、鼻や目のTh2細胞も当然活性化し、結果花粉症の症状となって現れるのです。

よく言われる「肉を一杯食べた翌日は花粉症が酷い」というのには、こういった理由があったのです。
ですので肉食を控えるのが花粉症対策のひとつといえます。

しかし根本的な解決策としては、やはり腸内の悪玉菌を減少させて、腐敗物質の産生を抑える事です。
そのためには腸内のビフィズス菌を増やして腸内環境を整える事が有効なのです。

ビフィズス菌の主な効果は、下記のようなものがあります。

  • 腸内環境を整える
  • 下痢や便秘の防止
  • 病原菌の感染防止
  • ビタミンの生成
  • 免疫調整機能の増加

そして免疫調整機能に有効なのは、ビフィズス菌の中でも「ロングム菌BB536」なのです。

ロングム菌が増えればビフィズス菌が増える理由

なぜロングム菌が有効かというと、老若男女を問わずに日本人の腸内に多く常在しているからなのです。
ですのでロングム菌を増やす事が、ビフィズス菌を増やす事に対して最も有効なのです。

ロングム菌の嬉しい効果としては、主に次のようなものがあります。

  • 酸に強いので、胃酸等によって壊される事なく、生きたまま腸に届く。
  • 腸管細胞に付着して離れづらい。

ただし加齢によって最も減少するビフィズス菌なので、年齢に比例して激減するのです。
しかしながら、だからこそ欠かさずに摂取する事で、同年代の人よりもはるかに健康な生活を送る事ができるのです。

ちなみに歳を取れば取るほど大便の臭いがきつくなるのは、ビフィズス菌(ロングム菌)の減少によって腸内環境が悪くなるというのが理由なのです。

花粉症には「森永ビヒダスヨーグルトBB536」がおすすめ

以上の理由で、おすすめのヨーグルトはロングム菌BB536が入っている物という事になります。
明確にそれをうたっている製品としては「森永ビヒダスヨーグルトBB536」がよく知られています。

森永ビヒダスヨーグルトBB536

1日に食べる量については
花粉症に効果的なヨーグルトの摂取量といつ食べるかを実験で解明!

で紹介しています。

また、金額も非常に安価ですので、絶対おすすめできるヨーグルトです。